和食器の買取業者おすすめ5選!出張・宅配など

「両親や祖父母の家を整理していたら大量の和食器が出てきた」
「自宅にある和食器を処分したい」
「価値がありそうな和食器があるので査定してもらいたい」

ここでは上記のような方に最適な和食器の買取業者を全部で5社ご紹介していきます。

使わない和食器が大量にある方で、ただ処分するのはもったいないという方はぜひ参考にしていってください。

また、記事の最後では買取業者を初めて利用する方に向けて、買取方法ごとの特徴などについても触れています。

和食器の買取業者おすすめ5選

それではさっそく和食器を買い取ってもらうのにおすすめの業者を5つ見ていきましょう。

福ちゃん

福ちゃんは東京や大阪といった都市部に合計11店舗を構える大手の買取業者です。

和食器の買取にも積極的で、これまでに数多くの買取実績を残しています。

福ちゃんの特徴はブランド食器に高い査定額を付けてくれる点です。

国産のブランドですと大倉陶園やノリタケといったところがメジャーですが、骨董品的な価値のある古い和食器なども高額買取対象としています。

一例としては人間国宝の11代三輪休雪作「萩茶碗」などの買取実績があり、そうした作品には一点でも数万円以上の値を付けることが珍しくありません。

もちろん品物によっては数十万円といった査定額が付くこともあり得ますので、自宅に銘の入った古い和食器がある方はぜひ福ちゃんまで査定依頼を出してみましょう。

 

福ちゃんの無料WEB査定はこちら

 

福ちゃんの食器買取に関する詳しい記事はこちら

福ちゃんの食器買取の口コミ・評判は?買取実績や高く売るためのポイントも

 

リサイクルショップティファナ

こちらのリサイクルショップティファナは有田焼や備前焼など、代表的な和食器であればどんなものでも買い取ってくれる便利な業者です。

作家の銘が入った古美術的な和食器を含め、各地方における焼き物なども買取対象としています。

もちろん酒器や茶器といったものも売れますので「両親の実家から珍しい品物が出てきた」などの場合は一度リサイクルショップティファナまで連絡をしてみてください。

特に古い家屋からは掘り出し物のような和食器が出てくることも少なくありません。

 

リサイクルショップティファナの食器買取の詳細はこちら

 

ザ・ゴールド

こちらのザ・ゴールドも色々な和食器を買取対象にしている業者です。

全国に支店を持ち、テレビCMまで放映しているだけあって大手の安心感があります。

また、和食器を売るとき「店頭買取・出張買取・宅配買取」といった3つの買取方法から好きなものが選べますので、どんな地方に住んでいる方でも利用できる買取業者と言えます。

特に都市部から離れているところにお住まいで、昔からある実家に大量の和食器が眠っているといった方にはおすすめです。

地方の場合は「自宅の蔵などを整理していたら古い和食器がたくさん出てきた」というケースもあると思いますが、そうしたときにもぜひザ・ゴールドを利用してみてください。

ザ・ゴールドであれば自宅まで専門の査定員が直接やって来てくれます。

 

ザ・ゴールドの食器買取の詳細はこちら

 

日晃堂

横浜に本社を構えるこちらの「日晃堂」は古美術・骨董品関係に強い買取業者です。

そのため、作家の銘が入っているような和食器に関してはとても高い査定額が期待できます。

店舗があるのは横浜・東京・大阪・仙台といった都市部ですが、出張買取については全国に対応済みです。

また、宅配買取もおこなっていますので、近くに店舗がなくても気軽に利用することが出来ます。

ちなみに和食器の場合は箱などの付属品が付いていないと買取をおこなってくれない業者もありますが、こちらの日晃堂は和食器本体さえあれば査定をしてくれます。

実家に代々眠っている価値のありそうな和食器を引き取ってもらう際にもおすすめの業者ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

日晃堂の買取詳細はこちら

 

買取むすび

こちらの「買取むすび」は神奈川に7店舗、ほか埼玉・静岡・福岡に4店舗を構える買取業者です。

陶器や焼き物を中心とした和食器の買取に力を入れていて、国内のブランド食器にも対応をしています。

そのため、国産の食器であればそのほとんどが買取対象というところが特徴的な部分です。

そんな買取むすびでは気軽に利用可能なLINE査定もおこなっていますので、「これって価値のある食器なのかな?」といった品物があればぜひ一度連絡をしてみてください。

和食器の中には自分では気付かないほど高い価値が付いている品物がたくさんあります。

作られた年代や作家によっては数十万円~数百万円といった値段が付く可能性もありますので、まずは試しに買取むすびまで査定を依頼してみましょう。

 

買取むすびの詳細はこちら

 

和食器の買取方法を比較

ここでは和食器を売却する際の「買取方法」についてご紹介していきます。

店頭買取

店頭買取とはお店まで自分で和食器を持っていって査定・買取をおこなってもらう方法です。

買取方法の中ではもっとも一般的なものとなりますが、和食器の場合は「食器に傷が付くのが怖い」「大量の食器を持っていけない」といったケースもあります。

また、地方にお住まいの方だと近くに店舗がないという場合も多いかもしれません。

店頭買取は値段の交渉がしやすい、その場で現金が受け取れるといったメリットがあるのですが、上記のようなデメリットもあります。

そのため、近くにお店がない方は次の出張買取を利用してみてください。

出張買取

出張買取は自宅まで査定員がやって来て、その場で査定・買取をおこなってくれるという方法です。

大量の食器を売りたい方や近くにお店がない方にとってはもっともベストな買取方法と言えます。

また、出張買取も店頭買取と同様に交渉のしやすさ・即時現金化が可能といったところがメリットに挙げられます。

ただし、売りたい和食器がひとつだけで価値があるか分からない場合には少し気が引けてしまうかもしれません。

そんな方は次の宅配買取を選んでみましょう。

宅配買取

宅配買取とは買取業者側に事前連絡をし、送られてきた梱包セットに和食器を詰め込み送り返すだけで査定・買取が成立するという方法です。

値段の交渉がしづらく即日現金化が難しい方法ではありますが、和食器ひとつからでも簡単に査定をおこなってもらえるのでとても便利です。

もちろん大量の和食器を処分したいという場合にも使えますので、近くに買取業者のお店がない方はこちらの宅配買取も利用してみてください。

和食器を高く売るコツ

和食器

和食器を高く売るためのコツは買った年代や場所、作家名などを覚えておくことです。

なお、もともと箱が付いている和食器であれば箱自体も査定の対象に入りますので、箱も一緒に見てもらってください。

古い和食器の場合は箱や蓋の裏側に作家の銘や作られた年代などが書かれているケースがあります。

こうした情報は査定額に大きな影響を与えますので、和食器を売るなら箱も大事にしておきましょう。

また、和食器を売る際は骨董品や古美術品を専門に取り扱う業者を選ぶというのも大事なことです。

古い和食器には骨董品としての価値が含まれている場合があり、そうした付加価値は専門的な知識を持つ業者でないと査定額に反映してくれません。

ちなみに先ほどご紹介した5つの業者はどこも古美術品も取り扱っている業者なので、一流の鑑定士が揃っています。

そうした買取業者を選べば正当な査定額を付けてくれますので、ぜひ参考までに覚えておいてください。

まとめ

和食器を売却したい方に向けておすすめの買取業者5選をご紹介してきました。

ご覧いただいた業者は店頭買取以外に出張買取や宅配買取などにも対応していますので、どこにお住まいの方でも気軽に利用することが可能です。

自宅に眠っている大量の和食器を処分する際にはぜひ買取をお願いしてみてください。

品物によってはかなりの高額査定が付くこともありますよ。